日本人形

日本人形

日本の伝統工芸としても有名で、最近は贈答品として人気があります

スポンサード リンク
Aya通販 > 日本人形

日本人形こわい

日本人形という言葉にどういうイメージを浮べられるでしょう。かわいい、きれいなどの意味合いで、女の子の褒め言葉に「日本人形みたい」という言葉が使われることもおおいですね。でも中には、日本人形はこわいというような感想も聞きます。これは顔の表情とか、凹凸などが実際の人間と比べて異なることからくる印象かもしれません。とくに小さなお子さんがこのような感想をもつようです。

家庭に飾ってあるものでもお分かりとは思いますが、和服をまとい、髪を結った女性が多く、これらの総称を日本人形といい、伝統工芸ともなっているものも多いです。もともとの成り立ちは、子どもの災厄の身代わりをするという意味がありましたが、現在では家庭の置物、飾りとしての意味合いが強くなり、特に贈答品として人気があります。海外へのちょっと高価なお土産、贈り物としては人気のアイテムになっています。特に中国、欧米では喜ばれます。

こうした工芸品の作成には専門の工芸師があたり、体、頭、髪、衣装などを手作業で組立てていきます。その完成度は高く、大量生産はできないため、芸術的価値、希少価値の高いものが多いです。なかなか手に入らないということで、これも人気の秘密かもしれません。

日本人形 種類

日本人形の種類は、飾る理由、その成り立ちからの分類と、その作り方からの分類があります。飾る時期、理由からの分類の場合、桃の節句、端午の節句に飾る節句飾りがこれにあたります。羽子板などもありますね。これらのなにかがあるお宅は多いと思います。

その作り方からの分類は、木目込、衣装、市松、御所、博多などの種類と、こけしなどもあり、伝統的な工芸として有名なものが多いです。木目込という作り方は小型の人の形をを作成するに優れた方法で個体数の多い飾りに用いられたり、物語を表すものに多いです。衣装の名のつく種類では、節句飾が代表的です。現在は住宅事情もあり簡素化した小型のものに人気がありますね。市松、御所はこどもをかたどったもので、もともとは遊びに用いられるためのものでしたが、最近は観賞用になっています。こけしは、木でできたものの代表的なものとされ、博多人形は土で出来たものです。

こうした分類は確固たるものではなく、節句飾りの中にもいろいろな作り方で出来ていたり、さまざまな素材を用いたりしたものも現在では登場しています。

日本人形 処分

スポンサード リンク

いらなくなった日本の人形の処分というのは困るものです。もともと日本では子どもの災厄よけの意味合いを持たせたので、それを簡単にゴミとして処分することはできないものです。子どもの成長や、核家族化でいらなくなった節句飾りなどは特に粗大ゴミとして処分するのではなく、神社、お寺などで供養をしてもらい、神社で焼いてもらいましょう。もし、近くの神社やお寺などが内容でしたらを買ったお店に相談すると良いですね。インターネットで探すと、郵送でも供養をしてくれるお寺などもありますよ。

日本人形 トップへ戻る