24時間オンライン英会話スクール EFイングリッシュライブ

英会話 おすすめ

学校で学ぶ英語は、教科として採用され、長い年月を経て現在に至ります。

近年になって英語を語学教科でなく、言葉として英会話を身につけるべきであるという認識がやっと定着し、学校教育でも小学校に導入されました。

しかし、学校教育内での教育システムが未熟なことと、高校受験、大学受験の試験科目として英語があり、その内容がこれまでの教科としての文法、読解、英作文などに偏った内容で出題されていることは変わっていません。

受験科目としての英語を学習する方法と、語学として身に付ける方法というのは、全く異なった方法となっているため教科としての英語の試験の成績が良くても会話ができるというものではありませんね。

近年、世界のグローバル化で英会話力の必要性が広まり、ビジネスの場面だけでなく、生活の中でも英会話力を必要とするケースが出て来ています。これから2020年の東京オリンピックに向けてその必要性は高まってくることが予想されます。

子育てをしている年代の方は、学校で身につかず自分の努力で得た英会話力、自分が不自由している英会話力をお子さんには何とか着けてあげたいと考えられるようです。

一昔前までは、英会話を身につけるためには、自学習用の教材で学び、街の英会話教室に通うという方法が一般的でしたが、インターネットの普及とインフラの整備によって、自宅にいてパソコンやスマホを使って英会話のレッスンが受けれる時代になりました。

このサイトではこのオンライン英会話をご紹介します。

 

オンライン英会話

オンライン英会話というもの、最近でこそよく聞くようになった言葉ですが、どういうものなのか?と疑問に思っている方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、就学前のお子さんや、学校で英語を学ぶ前のお子さんと、中学、高校と教科としての英語を学んだ後の人では、そのレッスンのスタイルというものが異なりますのでここで説明するオンライン英会話は中学、高校で英語を学んだことのある方を対象とすることとします。

一般に、英会話のレッスンは、何人かの人とネイティブの講師とがグループでレッスンを受けるグループレッスンと、ネイティブの講師と一対一で受けるパーソナルレッスンがありますね。オンラインレッスンは、インターネット回線を利用し、スカイプと呼ばれる無料通話アプリを使って講師と一対一で行うマンツーマンの英会話レッスンです。

このオンライン英会話がこれほど人気が高まってきたのは、いくつか理由があるようです。

その中でも
「レッスンを自分の都合に合わせて受けられる」ということが大きいようです。

教室などに通う場合は、レッスンの日時が決まってしまいますが、オンライン英会話の場合は24時間いつでも自分の都合に合わせて受講が可能というようなものまであり、レッスンの時間の融通か利きやすいです。これが大きなメリットとなっているようです。

他にも「費用が比較的安価」「英語を話す時間が多く取れる」などがメリットとしてあげられています。 

ディメリットとしては
「続け難い」ということがあげられていました。

この理由としては、強制力が無いのでついさぼりがちになると上げてありましたが、これは、英会話を身に着けたいという個人の意思の問題ですね。教室型の英会話レッスンでも意思が弱ければ続かないものです。

あとは、「相手の顔が見えない」「通信状態が悪いことがある」などがあがってました。

総合的に見て、自分の時間都合に合わせられ、費用が比較的安価で済むということが、何よりも利点であるといえそうです。

今、注目されているオンライン英会話をいくつか上げておきましょう。

 

EFイングリッシュライブ

語学学校 EF EFイングリッシュライブ 日本が運営するオンライン英会話講座です。

無料体験を経て入会する人が多数で、満足度の高さを誇ります。

講師は、全員ネイティブ、もしくは英語を第一言語として話すバイリンガルで、実習を受け、英語を教えることに熱意のある講師が揃います。

コース料金は均一7,900円(税別)。
月額の定額制プランで、これ以外に入会金や教材費は一切かかりません。

24時間オンライン英会話スクール EFイングリッシュライブの詳細はこちら

DMM英会話

 

DMM英会話はこちら

DMM.comが運営するオンライン英語の会話スクールです。

昨年、業界NO1評価を受けました。

無料体験あり、月固定料金、好きな時間、好きな場所でマンツーマンレッスンができる。

毎日25分1レッスンで 月額5,980円(税込)~

DMM英会話はこちら

オンライン英会話 Hanaso

 

英会話hanaso(ハナソ)はこちら

株式会社 アンフープが運営するオンライン英会話講座

hanaso独自開発のオリジナル学習メソッド

無料体験あり、月額固定、好きな時間、好きな場所でマンツーマンレッスン

例:毎日25分 月額5,800円(税別)など

オンライン英会話hanaso はこちら

 産経オンライン英会話

 

産経オンライン英会話はこちら

産経グループが提供するオンライン英会話サービス

・講師の質No.1(ランキング会社調べ)+全講師ビデオ通信対応
・レベル別に750のテキストを独自開発
・学習進捗の判定テスト「GCAT」実施(青山学院大学 名誉教授推薦)

無料体験あり

プラン例 毎日25分 月額5,980円(税込)

産経オンライン英会話はこちら

 レアジョブ英会話

 

レアジョブはこちら

・ワールドビジネスサテライト、NHKや日経新聞など、多数のメディアに取り上げられた信頼
・毎日25分129円~のレッスンを初めて提供した業界のトップリーダー
・早朝6時から深夜1時まで好きな時間にレッスン
・5分前まで予約できる安心予約システム

無料体験アリ

日常英会話コース 毎日25分 月額5,800円(税別)
​         ⇒ 今なら初月2,900円(税別)

レアジョブ英会話はこちら

 

 

オンライン英会話を申し込む前に

英会話教室などの謳い文句に「英会話を身につけるのに、英文法はいらない」などのキャッチフレーズを見ることがあります。

幼子が言葉を覚えるときに、文法などは知りませんし、文法を学ぶことが前提になることがないのは事実です。

しかし、私たち日本語は自由に操れるような年代の人が自ら英会話を身につけようとするときは、英語の文法や英単語を覚えていないと、英会話は残念ながら身につかないといわざるを得ないようです。

 

成人の方の英会話を身につけるうえでの英語力の一つの目安はTOEICの平均点580点程度とも言われていますから、高校で学ぶ英語力程度は必要ということになります。

英語が嫌いだった人には耳の痛い話です。

英語から離れて時間がたっている場合は、文法や単語を少し復習する時間を設けてからチャレンジするか、平行して文法などの学習をすることが必要かもしれません。

 

こうした、中学校から高校程度の英語を学ぼうとするとき、受験参考書などを手に取る人も多いですが、インターネット、スマートフォンの定着によって手軽に復習できるようになっていますよ。

また、TOEICにターゲットを絞った教材もありますから、興味のある人は調べてみましょう。

オススメの教材

スタディサプリ ENGLISH

 

 

 

© 2018 オンライン英会話 rss