いびき

いびき

いびきは病気ではありませんが、たくさんの人が悩んでいる問題でもあります。

スポンサード リンク
Aya通販 > いびき

いびき原因

「イビキ」と一言でいっても、その原因はいろいろで、また、人によっても異なります。ただ、イビキをかく人はいくつかの特徴があるようです。
1.肥満型の人
2.口呼吸をする人
3.仰向けに寝る人
4.鼻づまりの人
これらの人は、いびきをかくことが多いようです。

また、普段はいびきをかかない人も
1、ストレスがかかったとき
2.お酒を飲んだとき
などは、いびきをかくことが多いようです。

こうしたイビキは疾患を原因とするものではないので、特に病院にかかったりする必要はありませんが、軽い脳梗塞をお越した場合などもいびきをかくことがあるようですから、何らか心当たりがある場合は病院にいって診察を受けましょう。

いびき防止

スポンサード リンク

イビキの防止としてイビキ防止グッズというものがいろいろ販売されています。

マウスピース、口閉じテープ、ブリーズライト(鼻孔拡張テープ)など口や鼻に装着するものから、スノアストッパーといって、睡眠を妨げないレベルの電流を流し、体制をかえさせる(寝返りをうたせる)ことでイビを止めようというもの、そして枕など様々あります。

こうしたグッズの中には実際に効果があるものもあるようですが、実際は体に装着するというのは煩わしくで付けて寝たくありませんし、枕もちゃんと頭の下にある間はいいのですが、寝てしまうと自分の好みの体制で寝ますから、あさまで持たない、、、、、、

一人で寝るならいいですけど、ご主人や、奥様に迷惑をかけているかもしれないし、友人たちと旅行に行ったりするにも気になるところですね。

いびき 治し方

実際にイビキを止めるのに効果のあるグッズもありますから、旅行とかのどうしても必要な場合は多少の煩わしさは我慢して使うこともありかもしれません。しかし、ほとんどのイビキ防止グッズ(器具)はイビキの音を止める工夫をしているもので、根本から治療するものではありません。

イビキの音は止まっても、実は気道が塞がっていれば口呼吸になり、体内に十分な酸素が行き渡らないと朝起きてもすっきりしない、昼間も眠気が消えないなど体に変調をきたし、悪化すると無呼吸症候群にもなりかねません。

イビキ自体は病気でもないので病院に行っても同じく根本的な解決にならないのです。いろいろと調べてみると根本的に改善する方法があることを知りました。主婦の友社の「健康」に掲載された方法です。

たくさんの方が実践して、実際にイビキが改善されたと報告されています。

詳しくはこちらを見てください。

↓ ↓
家庭でもできるイビキ改善/克服完全マニュアル

いびき トップへ戻る