肩こり


新星のごとく登場!バカ売れのストレートネック枕がこれ!

Aya通販 > 肩こり

肩こり原因

有名大学教授陣が検証済み。多くの整形外科医も警鐘する。最新のストレートネック枕

肩がこるというのは人間独特の症状です。

人間は二足歩行をするので、もともと首や腰に負担がかかりやすい体をしています。
そのため、首から肩にかけての筋肉が姿勢を保つために緊張することが、血行が悪くし重く感じるようになります。
これが肩こりといわれます。

ですから、肩のこりを引き起こす主な要因としては、筋肉疲労と血行不良、末梢神経の傷などあり、それらの要因が単独、または、互いに関連し合いながら肩のこりを引き起こすと考えられています。


ただ、同じ肩こりでも、貧血、低血圧、高血圧などの症状があると肩がこりやすくなり、狭心症や心筋梗塞、胃潰瘍などが原因になっていることもあります。

さまざまな要因が原因となると考えられますので、心当たりがある場合は、病院で診察を受けることをお勧めします。

肩こり解消法


肩こり改善「福辻式」DVD

人間の背骨がゆるやかなS字カーブを描いているのは、重い頭や腕を支えながら二本足で歩けるように姿勢を保つためで、背骨の間では「椎間板」が衝撃をやわらげるクッションの役割を果たしています。年を取ると、このクッションがだんだんつぶれて硬くなり「頸部脊椎症」といわれる状態になり、これも首や肩の痛み・こりの原因になります。

これが、四十肩、五十肩と呼ばれるものです。

パソコンをよく使う人は、肩のこりで悩まされている人が多いです。実は、慢性の肩こり症の人は潜在的な五十肩になっていることが多いといわれます。肩関節周囲および肩甲骨の動き制限及び痛みのある場合はこの五十肩を疑います。おもに、50代前後の年代の方になりやすいのですが、最近は意外と30代でも同じような症状になっていることがあります。

パソコンをよく使い、肩こり症でしたら肩が凝る方の腕の動きをチェックしてみるとわかります。腕を横からあげてみたり、ひねっていたり、後ろに回しにくくありませんか?もしもそうなら、腕を動かしやすくすることで慢性の肩こりを減らすのにも役立ちます。

五十肩が治りにくといわれるのは、こうした可動域を広げるための運動が、痛みを生じるためその動きを避けてしまうからなのです。


できるだけ痛くないように腕を動かし可動域を広げるエクササイズをすることで、この肩こりは改善することができます。

詳しくはこちらで
↓ ↓
肩こり改善「福辻式」DVD