視力回復

視力回復

視力回復トレーニングについて

Aya通販 > 視力回復

視力回復方法

文部科学省の「学校保健統計調査報告書」によると、小学校時点で全体のおよそ3割、中学生になると半数以上が既に1.0をきっているという、衝撃的な事実が報告されています。

視力が低下したら、メガネをかけるかコンタクトレンズを使うかしかないといわれます。眼科医は 近視を治さず、「 近視は治らない 」 という “誤った常識” を患者に信じ込ませる傾向にあると言わざるを得ません。なぜなら、視力測定と メガネ、コンタクトレンズ処方は、眼科診療の対象になっているため、診療報酬として収入が入ります。

患者さんは、「 何とか裸眼で 不自由なく生活させたい、したい!」 と願うものの、「 遺伝だから仕方ない 」、「 悪くなった視力は元に戻らない 」 と 視力回復をあきらめ、眼科医の言われるがまま、メガネ、コンタクト生活を余儀なくされるのです。

視力回復トレーニング

視力を回復させるには、目のピントを調節する筋肉と、脳(右脳)の働きの両方を鍛えることが 必要不可欠です。その2つを同時に、かつ、効率よく 鍛えられるのが、ナンバータッチのトレーニングです。 このトレーニングは、1分という限られた時間の中で数字を探し、1番から順番に 50番までタッチしていく、スポーツ・ビジョン・トレーニングです。

1本のひもに 3色のビーズが 規定の距離で固定されており、3色のビーズを 1つ1つ、それぞれ両目で 見つめていくことで、両目のバランスを整える、つまり両眼視機能を高める「 ブロックストリング 」。両目でバランス良く見えるようになれば、立体感や距離、奥行き、視野の確保が上手くできるようになり、生活にも支障がでなくなります。

こうした視力回復のためのトレーニングは視力回復センターなどで行われています。

でも、「 視力回復センターに通いたくても、片道1~2時間もかかるため通えない… 」「 交通費が結構かかる事を考えると、7万~8万円の費用まで 払う余裕がない… 」という人もたくさんいらっしゃいます。

そのような人たちの、要望、問題を解決するために生まれたキットがあります。近くに『 アイトレーニング視快研 』 がなく、通いたくても 交通費がかかるため、費用を支払う余裕もない… という方のための、視力回復センターとほぼ同じ内容のトレーニングキットです。

ですから、ご自宅の近くに、または、お車で通える範囲内に 『 アイトレーニング視快研 』の店舗がある人には、販売を断っているという視力回復法なのです。

詳しくはこちら

視力アップマニュアル・トレーニングキット付

視力回復 トップへ戻る