免疫力

免疫力

自己免疫力が落ちてくると病気になりやすくなります。免疫力の低下を防ぐには

スポンサード リンク
Aya通販 > 免疫力

免疫力とは

現代の医学は西洋医学が中心です。西洋医学の発達は人間の生活と切っても切れないものとなり私たちはその恩恵を数多く受けています。辛い痛みやかゆみを医薬品によって解消したり、外科的手術により身体の改善、レントゲンやMRIなどの検査機械による検査、ワクチンなどの抗体療法、抗生物質などその西洋医学の恩恵は素晴らしいものがあります。

しかし、難病に罹ってしまったとき、西洋医学の力だけで良いのか不安になります。健康について考えたとき、人間の体の中にある、自分の体内で治そうとする自然治癒力(自己免疫力)について考えるようになるのです。

免疫力とは体外から侵入した病原菌やウィルスなどの外的に働くだけでなく、自分の細胞の異常細胞(がん細胞など)にも対抗し、消滅させる能力を持っていることは知られています。

この免疫力を維持、高めるためにはどうしたらいいのでしょう。


優れた細胞活性力 そして免疫を強化します
ハイパーUmo

免疫力低下の原因

免疫力は人間の体の中に備わっている力、そして人間の体は人が食べ物から摂る栄養素によって作られています。つまり人の元気・健康は正しい食べ物によって生まれます。

カルシウムは骨を強くするために必要な栄養素であることはよく知られていますが、肝臓や膵臓、腎臓、脾臓、脳、関節、目、耳、皮膚、血管、神経細胞などに必要な栄養素は何で何を食べたら良いかなどは特に意識して食べてはいませんね。

アレルギー疾患のある人が多くなったり、何秒と言われる免疫疾患が多くなっている原因の一つに食生活が挙げられています。確かに、知らず知らずのうちに毒素をとっているのですが、人間の体は本来は、これらの毒素を排出する力を持っています。

では、その力が落ちている原因はと考えますと、腸内環境の悪化が挙げられます。人間の消化器官は口、食道、胃、小腸、大腸、直腸、肛門とひとつの管がつながってできており、そこはまだ、外界で体内ではありません。食べ物は消化され、小腸で毛細血管の中に取り込まれ、初めて体内に入ります。ですから、腸内が最初の免疫機能が働く場所です。


この腸内が、食の欧米化により酸化しやすい食品で酸化し善玉菌と呼ばれる細菌が減少し、悪玉菌が増えているということはいろいろな場所で聞き及びだと思います。

ですから、まずはこの腸内環境を整えるための努力が必要になります。腸内の酸化を止め、善玉菌を活性化させ、腸内環境を正常化することが、大切です。


乳酸菌発酵食品や食物繊維の豊富な海藻類、雑穀を毎日の食生活に取り入れることが大切です。雑穀や海藻類に含まれる水溶性のケイ素が、酸化を止めることはよく知られていますので、ケイ素水などの飲料や、ケイ素を含んだサプリメントを加えるとより良いと言われています。

基礎免疫力の維持

免疫システムは顆粒球、Bリンパ球、Tリンパ球などの数多くの目錬き細胞による共同作業です。顆粒球、Bリンパ球は骨髄で作られます。この免疫の司令塔であるTリンパ球は、胸腺で正しいリンパ細胞となります。

正しいリンパ細胞というのは、自己と非自己を区別することのできるということで、その為に100日の時間をかけ、合格率は3%といわれます。残りの97%は不完全で死んでしまうのです。

一般的には胸腺は加齢により毛細血管の老化で萎縮していき、10歳くらいが最大で、
20歳くらいが機能のピークで、40歳で50%位に萎縮し、70歳から80歳くらいで10%近くまで萎縮すると言われます。

これが、免疫力の低下の原因と考えられます。

胸腺の萎縮の原因は胸腺に届く毛細血管の老化と言われます。ですから、血管年齢を若返らせ、しなやかな血管を作れば胸腺の萎縮を抑えられると考えられます。亜鉛やケイ素など血管と胸腺に必要なミネラルを補給すると良いという研究もあります。

優れた細胞活性力 そして免疫を強化します
ハイパーUmo

免疫力 トップへ戻る