多汗症

スポンサード リンク
Aya通販 > 多汗症

局所多汗症

多汗症で悩む方たくさんいらっしゃいます。冬でもタオルが手放せないというかたも。
でも、汗がたくさん出るからといって多汗症というわけではありません。暑さとか、緊張などを原因として汗をかくことをいうのではなく、手のひらや足の裏など局所的に大量の汗が出るとか、暑くもないし運動していないのに汗が出る、悲しくもなく、緊張もしていないのに汗が出るというのが多汗症とよばれます。

つまり、身体機能の失調により引き起こされる病的な発汗がこの名称を使い、不安や緊張で大量に汗をかくなどの精神性発汗の過多をいうわけではありませんので注意しましょう。

どちらにしても男女問わず、体臭につながりやすい多汗は気になるものです。 もちろん、汗臭がない方もいますが、コミニュケーションの中で、多汗はマイナス要素になりかねません。

多汗症の改善方法


久保田式多汗症改善7日プログラム

多汗症の改善は自分で行う体質改善を行う方法と病院にいくことの2つでしょう。

病院ならまず皮膚科で多汗の状態を調べます。そして、手術が必要なら外科へ、精神的発汗が原因なら心療内科にかかることになります。

ただ、原因と考えられることが身体的機能の失調によるとされているだけで、原因そのものが判明しているわけではありません。ですから病院での治療も単に汗を止めるだけの治療ということになります。手術にしても外用薬にしても、局所の発汗を止めますが、その分他から発汗するなどのことがおこり、根本的な改善になっていないのが現状です。

漢方薬もありますが、効果が出るには少し時間がかかるようです。、

では、体質改善を行う方法とは。

現代医学では原因がはっきりとつかめておらず、その根本的解決法がわからないのですが、ここで疫学的な考えると、過去にも現在にもこの多汗でで悩む人はたくさんいる。そして、その状態を観察し改善に努めてきた手法は、科学的な証明がないにしてもその手法で改善することが世の中に沢山例があるということです。例えば鍼灸に代表される東洋医学、何故ツボと呼ばれる部位に細い針を刺すことであそこまで劇的に体が変化するのか。少しずつ解明はされているとはいえ、その大部分は何故かわからないけど改善するということで、その存在意義を持っています。鍼灸ではないですが、そうした経験に基づいた改善方法があり、自分で実行もできます。

ここで紹介するプログラム は、体系化されて歴史的には浅いですが、多汗症を改善できた人がたくさんいらっしゃるということで、しかも、まったく体に害のない方法なのでご紹介させていただきます。詳しくは↓のHPを見てください。

久保田式多汗症改善7日プログラム